動物とお仕事な〜び

各種基準記事一覧

家庭動物等の飼養及び保管に関する基準

第1 一般原則1.家庭動物等の所有者又は占有者(以下「所有者等」という。)は、命あるものである家庭動物等の適正な飼養及び保管に責任を負う者として、動物の生態、習性及び生理を理解し、愛情をもって家庭動物等を取り扱うとともに、その所有者は、家庭動物等を終生飼養するように努めること。2.所有者等は、人と動...

≫続きを読む

展示動物の飼養及び保管に関する基準

第1 一般原則1 基本的な考え方 管理者及び飼養保管者は、動物が命あるものであることにかんがみ、展示動物の生態、習性及び生理並びに飼養及び保管の環境に配慮しつつ、愛情と責任をもって適正に飼養及び保管するとともに、展示動物にとって豊かな飼養及び保管の環境の構築に努めること。また、展示動物による人の生命...

≫続きを読む

実験動物の飼養及び保管等に関する基準

第1 一般原則1.管理者等は、実験動物の生理、生態、習性等を理解し、並びに愛情をもって飼養し、及び科学上の利用に供するように努めるとともに、責任をもってこれを保管し、実験動物による人の生命、身体又は財産に対する侵害及び人の生活環境の汚損を防止するように努めること。第2 定 義 この基準において、次の...

≫続きを読む

産業動物の飼養及び保管に関する基準

第1 一般原則 管理者及び飼養者は、産業動物の生理、生態、習性等を理解し、かつ、愛情をもって飼養するように努めるとともに、責任をもってこれを保管し、産業動物による人の生命、身体又は財産に対する侵害及び人の生活環境の汚損を防止するように努めること。第2 定 義 この基準において、次の各号に掲げる用語の...

≫続きを読む

犬及びねこの飼養及び保管に関する基準

第1 一般原則1.犬又はねこの所有者又は占有者は、犬又はねこの本能、習性及び生理を理解し、家族同様の愛情をもって保護するとともに、人の生命、身体又は財産に対する侵害を防止し、及び生活環境を害することがないよう責任をもって飼養及び保管に努め、並びに犬又はねこの所有者は、犬又はねこを終生飼養するように努...

≫続きを読む

動物取扱業者に係る基準

動物取扱業者に係る飼養施設の構造及び動物の管理の方法等に関する基準(用語)第1条この省令で使用する用語は、動物の愛護及び管理に関する法律(以下「法」という。)で使用する用語の例による。(飼養施設の構造)第2条 法第11条第1項の環境省令で定める飼養施設の構造に関する基準は、次の各号に掲げるとおりとす...

≫続きを読む